ダイハツ ミラを買う!
ミラTOPモデルチェンジ推移>2006年12月18日

ミラ ミラココア
ミライース 値引き

 

ミラ カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
ミラ値引き交渉術
ミラ値引き交渉レポート
ミラのライバル車
ミラ中古車相場
新車値引き交渉術
ミラの維持費を安くする
ミラの燃費
ミラのアフターパーツ
下取り車の相場を調べる
ミラの保険料相場
リンク集

 

 

■ ダイハツ ミラ モデルチェンジ推移2006年12月18日

 

ダイハツニュースリリースより

 

----------------------

 

 

「ミラ」をフルモデルチェンジ
〜プラットフォームからエンジンまで全身一新


ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「ミラ」をフルモデルチェンジして、12月18日(月)から全国一斉に発売する。

 

7代目となる新型「ミラ」は、プラットフォームからエンジンまで全身一新。ミラの DNAである「小粋なスタイル&スペースユーティリティ」を継承しながら、スモールカーバリュー、クオリティの面で、クラスを超えた新次元への進化を目指して開発。「街乗りクオリティ・ミニ」をコンセプトとした『ミラ』と、「プレミアム・パーソナル・ミニ」をコンセプトとした『ミラカスタム』の異なる個性の2タイプを設定した。

 

 

新型「ミラ」の主な特長は、

DNAの進化

ダイナミックな躍動感を感じさせる、彫刻的で塊感のあるスタイル
「驚きの広さ」を実現した高効率なスペースユーティリティ
スモールカーバリューの進化

乗り降りしやすく、運転しやすいパッケージング&ユーティリティ
ガソリン車 トップ*となる27.0km/リットルの低燃費の実現
クオリティの進化

上質感と機能性を極めたミラカスタムを新設定
* 2006年11月末現在。ハイブリッド車除く。10・15モード燃費<国土交通省審査値> ダイハツ調べ

 

 

車両概要

(1)DNAの進化
〜ダイナミックな躍動感を感じさせる、彫刻的で塊感のあるスタイル〜

 

≪エクステリア≫

若々しさを感じさせる、ダイナミックでフレンドリーなスタイル
安定感のあるロングホイールベースと、エンジンフードやサイドビューに豊かで塊感を持たせたダイナミックなシルエットにより、乗る人を安心感で包み込む先進のスタイリングを実現
サイドビューに施したシャープなキャラクターラインや、彫刻的なレリーフ、大型ヘッドランプで躍動感を演出
若々しく明るい新色2色を含め、アクティブさを表現した全8色*の豊富なカラーバリエーションを設定
* 内1色はメーカーオプション


≪インテリア≫

乗る人を心地よさで包み込む、明るいカラーでまとめた、おしゃれでカジュアルなインテリア
メーターパネルを起点にツートーンカラーが放射状に伸びる左右非対称のハイコントラストツートーンインパネを採用。従来型車よりも幅広にすることで、ワイドな室内空間を演出(L、X)
シンプルなデザインで視認性に優れた大型1眼センターメーターを採用(L、X)
トリコット表皮に起毛加工を施し、柔らかな手触りを実現したシート表皮を採用。

 


〜「驚きの広さ」を実現した高効率なスペースユーティリティ〜

 

≪パッケージング≫

2,490mmの超ロングホイールベースやコンパクトなエンジンルームの採用などにより、ロングな室内長(2,000mm*1)と軽自動車最大*2の室内幅(1,350mm)を実現。立体駐車場に入る全高(1,530mm*3)ながら、「驚きの広さ」を実現した高効率なスペースユーティリティを実現
*1 カスタムX、カスタムRSは2WD車が2,050mm、4WD車は2,020mm。カスタムLは、2,040mm
*2 2006年11月末現在。ダイハツ調べ
*3 カスタムRSは1,540mm
980mm*の前後カップルディスタンスや、トンネルのないフラットなリヤフロア (2WD車)により、ゆとりの後席レッグスペースを実現
* ダイハツ測定値。カスタムX・カスタムRSは995mm
(2)スモールカーバリューの進化

 


〜乗り降りしやすく、運転しやすいパッケージング&ユーティリティ〜

 

≪パッケージング≫

乗り降りに最適な600mmに設定した運転席ヒップポイントや、フロントピラーの角度を大きくとったゆとりあるドア開口、フロントドアのサイドステップ部を低く設定した足元スムーズステップの採用により、優れた乗降性を実現
4つのドアは、いずれも約90°フルオープンが可能で、優れた乗降性・積載性を実現
ロングホイールベースながら、運転しやすい最小回転半径4.2mを実現〔L(4WD)、X(4WD)、X Limited、X Limited“SMART DRIVE Package”、カスタムL(4WD)〕


≪ユーティリティ≫

車庫入れなどのバック時に見えにくい左後輪付近の視界をサポートするリバース連動 ドアミラー(X、X Limited、X Limited“SMART DRIVE Package”に標準装備。カスタムX、カスタムRSにアドバンスドオペレーションパックとしてメーカーオプション。カスタムRSのみ2007年4月発売予定)や、雨天時の車庫入れなどにうれしいリバース連動リヤワイパー(カスタム全車)を採用
体格や姿勢に合わせて最適なドライビングポジションが選べるアジャスタブルパック(運転席シートリフター&チルトステアリング&アジャスタブルショルダーベルトアンカー)を全車にメーカーオプション設定(カスタムRSのみ2007年4月発売予定)

 


〜ガソリン車 トップ*1となる27.0km/ の低燃費の実現〜

ロングストローク&コンパクト燃焼室の採用により、低中速域での豊かなトルクを発揮すると共に燃費性能に優れたツインカムDVVT*23気筒エンジン「KF-VE型」と、発進直後から高速走行まで力強くスムーズな加速感を生み出すツインカム3気筒ターボエンジン「KF-DET型」のTOPAZ NEOエンジンシリーズ2型式を搭載
コンパクトで軽自動車に最適なインプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造を採用し、優れた加速性能と高い動力伝達効率を実現したCVTを搭載


燃費向上やアイドリング騒音低下のため、赤信号や交通渋滞で車両が停止中にエンジンスイッチを操作することなくエンジンを停止・再始動をさせる新開発「DAIHATSU IDLE STOP SYSTEM」を採用


KF-VE型エンジンとCVTを組み合わせたX Limited、カスタムXで、25.5km/リットルの超低燃費を実現。さらに、新開発「DAIHATSU IDLE STOP SYSTEM」を組み合わせたX Limited“SMART DRIVE Package”では、ガソリン車 トップ*1となる27.0km/リットルを実現
*1 2006年11月末現在。ハイブリッド車除く。10・15モード燃費<国土交通省審査値> ダイハツ調べ
*2 DVVT…Dynamic Variable Valve Timing、連続可変バルブタイミング機構

 

(3)クオリティの進化


〜上質感と機能性を極めたミラカスタムを新設定〜

 

≪エクステリア≫

基本デザインでミラのアイデンティティを表現しながら、メッキモール付のクリアシルバーフロントグリルや、グリルと連続する4灯タイプのヘッドランプ、グラフィカルなリヤコンビランプの採用によりプレミアム感を演出
カスタム専用のバンパー(フロント/リヤ)やサイドストーンガードの採用により低重心で安定感のあるスタイリングを実現
* 内2色はメーカーオプション


≪インテリア≫

ブラック基調の上質でプレミアムなインテリアをベースに、シャインブラックセンタークラスター(カスタム全車、X Limited、X Limited“SMART DRIVE Package”)や機能性と美しさを併せ持つ自発光式メーター(カスタムRS、X Limited“SMART DRIVE Package”)、革巻ステアリングホイール(カスタムRS)などの採用により、質感の高い空間を実現
見る角度によって表情が変わるエレガントなブラックのシート表皮を採用


≪パッケージング & ユーティリティ≫

リヤシートに左右一体式ロングスライド(255mm*)およびワンモーション荷室フラット機構を採用。利用シーンに応じた多彩なシートアレンジを実現(カスタムX,カスタムRS)
* 4WD車は、225mm
電子カードキーを携帯していれば、ドアの解錠・施錠ならびにエンジンスイッチノブの操作によるエンジンの始動・停止が可能なキーフリーシステム(イモビライザー機能付)を採用(カスタム全車)


ワンタッチでエンジンスタートが可能なプッシュボタンスタートを採用(カスタムX、カスタムRSにアドバンスドオペレーションパックとしてメーカーオプション。カスタムRSのみ2007年4月発売予定)

 


(4)基本性能 〜上質で快適な乗り心地と、高い静粛性〜

新プラットフォームの採用により実現したロングホイールベースの採用や、サスペンションの基本設計を一新することで、優れた操縦安定性を実現
最適な骨格配置と開口コーナー部の補強を実施。主要骨格に高張力鋼板と差厚鋼板を採用することで、高い静粛性と優れた操縦安定性に寄与する軽量な高剛性ボディを実現


トランスミッションとエンジンの結合剛性を高めると共に、高剛性アルミオイルパン(CVT搭載車)などの採用により、エンジンノイズを源流から改善。さらに、2WD全車に2点+トルクロッド方式のエンジンマウントを採用し、優れた静粛性を実現
定速走行に加え、減速制御や先行車の追従走行などを可能とする、レーダークルーズコントロールを採用(カスタムRSの2WD車にドライビングアシストパックとして、 メーカーオプション。2007年4月発売予定)

 


(5)環境性能 〜KF-VEエンジン搭載車、全車グリーン税制に適合〜

「スーパーインテリジェント触媒」や「触媒早期活性化システム」の採用などにより、KF-VEエンジン搭載車は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を、KF-DETエンジン搭載車は「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」の認定を国土交通省より取得


全車、2010年度燃費基準+20%、または、+10%に適合
2010年度燃費基準と低排出ガス車認定制度との同時適合により、KF-VEエンジン搭載車は、全車グリーン税制(低燃費車・低公害車の普及促進税制)に適合
LCA(ライフサイクルアセスメント)を行うことで、走行段階だけでなく、生産から廃棄までの全段階で排出するCO2、大気汚染物質の総量を低減

 


(6)安全性能 〜先進の安全技術の採用により実現した高い安全性能〜

≪パッシブセーフティ≫

フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とすると共に、衝撃分散式ボディ構造や高張力鋼板の採用などにより、優れた衝撃吸収性能や強固なキャビンの実現と軽量化を両立させた、衝突安全ボディ“TAF*”を採用
* TAF(タフ)… Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全機能が進化したボディという意味の造語
国内及び欧州衝突安全基準を余裕をもってクリア。さらに世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面 55km/h、後面55km/hの衝突実験においても優れた安全性を確保。また、現実の市場事故実態を考慮し、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験(50km/h前面衝突、50km/h側面衝突)を実施し、十分な生存空間の確保と、高い乗員保護性能を実証
乗員にやさしい安全インテリア“SOFI*”を採用

 

側面衝突時、頭部への衝撃を分散・緩和するSRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)と、前面衝突時に下半身(主に膝)を拘束し、シートベルトの働きに加えて乗員の保護効果を高めるSRSニーエアバッグを加えた7エアバックシステムを設定


車両後面からの中低速での衝突時にヘッドレストを前方へ移動し頸部への衝撃を緩和するダイナミックサポートヘッドレスト(フロント)を設定
〔カスタムX・カスタムRSに、(1) (2)をセットにしたセーフティパックをメーカーオプション。カスタムRSのみ、2007年4月発売予定〕


乗員の頭部などを保護するために、ピラーガーニッシュやルーフ内部に衝撃を緩和するエネルギー吸収材を内蔵したヘッドインパクトプロテクションを採用
ブレーキペダルが後退するのを防ぎ、ドライバーの脚部に与える影響を軽減するブレーキペダル後退防止機構や、衝撃を吸収しドライバーの頭部・胸部に与える影響を軽減する衝撃吸収式ステアリングを採用


* SOFI(ソフィ)… Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員にやさしく、より安全なインテリアを表した造語
万一の歩行者事故を考慮し、最も傷害を受けやすい頭部保護を第一に考え、フェンダー、フード、フードヒンジ、ワイパーピボットの各所に衝撃緩和装置、吸収スペースを設けた歩行者傷害軽減ボディを採用


≪アクティブセーフティ≫

TRC(Traction Control) 、ABS、横滑り制御の3つの機能を持ち、雨や雪などで滑りやすくなった路面でも安定した走行を可能にするVSC(Vehicle Stability Control)を採用(カスタムRSの2WD車にドライビングアシストパックとしてメーカーオプション。2007年4月発売予定)


販売概要

国内月販目標台数 :6,000台

 

※但し、商用バンは従来型車を継続生産・販売予定月販目標2,000台

発表展示会 :2007年1月3日(水)〜8日(月)

 

 

・価格(消費税込み)

ミラ

871,500−1,186,500円

 

ミラカスタム

1,102,500-1,548,750円

ミラ ミラカスタム

 

トップページへ

 
■ 広告

 

    221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム     

 

 


 

copyright ©2008-2013 ダイハツ ミラを買う! All Rights Reserved